写真や動画を使ってすぐに始められる副業

副業には様々ありますが、写真や動画を利用したビジネスがオススメです。どちらも在宅で行う事が可能という事が最大のメリットです。
写真であれば自分が撮った写真を専用のサイトにアップし購入されれば収入がはいってきます。過去に撮影した写真も販売可能ですのでカメラが趣味の方や写真を撮る事が好きな方にはとても人気があります。

カメラはスマホのカメラでも十分ですし、スマホさえあれば問題はありません。
資格などもとくに必要ありませんし、大きな設備投資をしたりスキルを磨いたりする必要もありません。

今すぐにでも始められるので、副業初心者には大変おすすめです。他の副業に比べて時間の制約がないことも大きな魅力の一つです。

自分の空いている時間に写真を撮影したり、過去に撮影したものを登録したりと好きなタイミングで副業をすることができますし、時間を有効活用できます。
平日は忙しい会社員の方や、介護や家事などで決まった時間に働く事ができないといった方も隙間時間を利用して収入を得る事が可能です。

出先でちょっとした待ち時間や電車にのっている時にもできるので貴重な時間を効率良く副業に当てる事ができます。

すぐに売れる写真を撮るのは難しいかもしれませんが、コツコツと写真の登録数を増やして行けば売れる写真が出てきます。そうすれば自分が普段本業で働いている間や、寝ている間に写真が売れて収入が入ってきます。

やっていくうちにコツをつかんで良い写真が撮れたり売れる写真がなんとなくわかってくることでしょう。
自分が撮影した写真が購入されたときの喜びは大変大きいです。これといった特技がない方にも続ける事で収入を得られる副業であると言えます。

動画の場合ですと、動画編集の副業がオススメです。ここ数年ソーシャルネットワーキングの発達によって動画の需要は、うなぎのぼりになってきました。動画コンテンツのサイトも大いに盛り上がっており、これからも伸びていく業界だと言われています。動画編集であれば需要が多い為案件もたくさんあります。

最初に編集ソフトやPCなどの設備投資は必要ですが、今後も大きく伸びていく業界であるため今からスキルを磨いておいても損はないと言えます。

スキルをもっている人材があまり多くはいないそうなので、これからも需要は伸びていく一方です。

隙間時間に収入を得ることができる副業は、かかせないものにこれからなっていくと考えられます。

本業以外で得られる収入は生活面でのサポートに大きく貢献してくれます。

副業としての株やFX

昨今、老後の年金問題等が騒がれており、今後に不安を感じている人が多いのではないかと思います。そんな中で副業を認める企業も増えてきており、自分の老後は自分で守っていく事が必要になってくるのかもしれません。

アルバイトとして働くという選択肢も出てくるのではないかと思いますが、本職+アルバイトと言うのは心身ともに辛い事かと感じます。
そこで自分が働くのではなく、お金を働かせる「投資」として、株やFXについて説明していきたいと思います。

1.株について

株というと「ギャンブルと一緒だから、損して痛い目を見そう…」という、イメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?私自身、最初はその様なイメージでした。しかし、いざ調べてみるとギャンブルとは異なるものでした。
まず、ギャンブルと違うところは運任せかどうかです。
もちろん、過去の実績からデータを取る事は可能かもしれません。

しかしながら、振ったサイコロを操作する訳にはいかないのですから、やはり運によるところが大きいです。
それに対して株は、今の情報化社会のあちこちにヒントや答えが散りばめられています。天災やテロによるものは予測する事が出来ませんが、そうでなければデータを元に予測が可能な事が多いのです。
「なんかこれ良さそうな気がする!」なんてことをしていてはギャンブルですが、手段を間違えなければギャンブルではないのです。

2.FXについて

さて。株に比べると、FXという言葉は聞いたことがない人が増えるのではないでしょうか?
FXとは外国為替証拠金取引の事で、常に価値の変動する外国の通貨(ドルやユーロ等)を買ったり売ったりして、変動の差分の利益を得るものです。

ドルが安い時に買ってドルが値上がりした時に売れば、その値上がりした分の利益が手元に残るという感じです。勘の良い方はお気付きかもしれませんが、こちらも株と同じ様にデータを元に予測が可能である事が多いです。

外国の通過を扱うので、世界情勢といった広い範囲の情報にアンテナを張っておく必要はありす。しかしながら、逆に見れば、ポイントさえしっかり抑えてしまえばギャンブル性は極端にゼロに近付くという事です。

ここまで、株とFXについて簡単に説明してきました。共通するのは、適当にしなければギャンブルではなくなるという点です。
ギャンブルは遊びに近いですが、冒頭に書いた「お金を働かせる」のは、ギャンブルではありません。

汗水流す代わりに、脳ミソで汗をかいてお金を働かせるという選択肢も、今後の世の中では必要なのではないでしょうか。

在宅ワークは、好きな時間に仕事ができる

好きな時間に仕事ができる

在宅ワークは、時代の流れからひとつの働き方になりつつあります。
以前では、会社に通勤を当たり前でしたが、在宅ワークのメリットのメリットが注目され多くの企業で採用されつつあります。

在宅ワークのメリットとして、あげられるのが好きな時間に仕事ができるということです。決まった時間に会社に行き仕事しなければなりませんでしたが、在宅ワークでは自分のペースで仕事することができます。

例えば、午前中にどうしても行かなければならない用事があった時仕事を午後に回すことも出来ますし、午後に自分のプライベートの時間を大切にしたい時は、午前中に仕事を全て終わらせてしまうということもでき自分の時間をカスタマイズできるのが、非常に便利です。

仕事に集中できる

自分の好きな時間に仕事ができるわけですから、自分が一番集中できる時間帯に仕事を持ってくることもできるのです。
人によって朝型、夜型と大きく二つに分けられ、そのパフォーマンスは人によって違います。
ですから、自分の一番集中できる時間に仕事をすることができれば、今までよりも納得できる仕事をすることができます。
結果的にそれは良い成果に結びつくということにもなります。

また、自分の家で仕事するので他人に邪魔されることもありません。
好きな人に食事をとって、好きな時間に仕事をする。
自己管理は、通常の通勤よりも求められるかもしれませんが、デメリットよりもメリットのほうが大きいです。

ストレスなく仕事ができる

現在の社会で問題になっているのは、会社内でのパワハラなどです。
どんなに優秀な社員であっても、社内での人間関係のもつれから仕事に支障をきたす人も多いはずです。

そのようなことが積み重なって、体を壊してしまったという人もいます。
ひとたび会社に入れば逃げることはできませんから、仕事に支障をきたしてしまうのは当然のことです。
しかし、在宅ワークではそのような心配がありません。

なぜなら会社に行くことがないからです。
会社によっては月に何回か 出社しなければいけないこともありますが、毎日、通勤するよりもストレスは緩和されますし、在宅ワークで成績を出せば、評価も変わってくるでしょう。

仕事においてストレスを溜めることなくこなすことで、高いパフォーマンスを維持することができます。
ストレスなく仕事に集中できるのはやはり在宅ワーク一択なのではないでしょうか。
現在でも基本的には通勤をすることがメインですが、インターネットの進化がさらに発達すれば、続きをするメリットよりも在宅ワークの方が効率の良いと認められるでしょう。
これからは、在宅ワークがメインになるかもしれません。

Amazonせどりの売上の方程式について

Amazonせどりをしている初心者からよく聞く質問の一つに、「月にどれくらい稼げるのか」という物があります。
これからせどりをしようとしている人にとっては、非常に気になる疑問でしょう。

当然ですが、月収が上がれば生活も楽になりますし、幅も広がります。
しかし、本気で売り上げを上げて、月収を上げたいなら、まずAmazon販売の原則を知っておく必要があります。

その原則とは、いうなれば販売の方程式なのですが、これは基本中の基本ともいえる物です。

掛け算や割り算を解くには足し算や引き算ができないとダメですが、それくらい重要な方程式なのです。
その方程式とは、以下のような物です。
「売上=(商品単価-手数料)×個数」。
簡単にいうと、商品単価とはAmazonでの販売価格で、仕入れ原価に利益を乗せた物です。
手数料とは、販売手数料とFBA手数料のことですが、FBA手数料は300円程度で変わらないので、ほとんど販売手数料のことだと思ってください。
そして、少々ややこしくなりますが、上記の方程式を使うと、せどりの月収は以下のように表せます。

「月収={(商品単価-手数料)×個数}×粗利率」。
粗利率は、「(仕入れ原価÷商品単価)×100」という式から導き出せます。
これは、頭に入れておいてください。
そして、せどりの月収を上げるには、Amazonの手数料についても知っておく必要があります。

Amazonでは、商品ジャンルごとに手数料の額が異なっています。
Amazonの商品ジャンルには非常に多くの物がありますが、実際に仕入れが容易な物をメインに、見ていきましょう。

「大型家電」「パソコン・周辺機器」「楽器」「ゲーム機本体」「オフィス(電子辞書のみ)」「エレクトロニクス」「カメラ」が8%。
「スポーツ&アウトドア」「カー&バイク」「おもちゃ&ホビー」「食品&飲料」「エレクトロニクスのアクセサリー商品」などが10%。
「ミュージック」「TVゲーム」「PCソフト」「ペット用品」「文房具・オフィス用品」「ホーム&キッチン」「DIY・工具」「時計」「ジュエリー」などが15%。
「ヘルス&ビューティ」「コスメ」が7.5%前後。

これらのうち、大型家電や8%や7.5%前後の商品ジャンルを扱ったほうが、月収を上げやすいということを頭に入れておいてください。
手数料は、公式的にも非常に重要な要素ですから、知っておいたほうが得ですし、むしろ知らないと損をしてしまいます。

ネット副業を行うメリットについて

働いていて会社の給料では足りなく副業したいと思ったことは誰にでも一度はあるのではないでしょうか。
今まで、副業は世間的にもあまり良い印象を与えていませんでしたが、2018年には副業元年と言われるほど変化が起こりました。

全国的に名が知られている大手企業が副業を解禁しました。
副業をやってみたいが、職場で禁止されていて今まで手を出せなかったサラリーマンもきっと多いはず。
何も会社がプライベートの時間まで首突っ込まないで欲しいと感じていた人もいるでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、人気の高いネット副業のメリットとデメリットについて紹介します。
ネット副業の最大のメリットはあまり場所に縛られずに空いた時間を活用できることです。
普段から利用しているパソコンやスマホで取り組める点が大きな特徴ですね。
ところが会社で働いていると通勤が必要になるので、場所の制約が掛かってしまいます。

しかし、ネット副業は自宅や移動中など場所を選ばずにできる点がサラリーマンと比べて大違いですね。
それ以外に、人と直接会わずにできるので対人関係があまり得意でない人にも向いてます。
副業の種類によっても変わってきますが、資金がなくてもできることも多くあります。
ネット副業のメリットはそれだけではありません。

さらに、副業禁止の会社で働いていても、職場にバレにくいメリットもありますよ。
副業をしている理由は人によって異なりますが、本業の収入が少ないのが大方でしょう。
しかし、副業は本人の努力次第では会社の収入を超えることもできる可能性を秘めています。
あなたが持っている知識や技能を副業に活かせれば生活もより充実してきますよ。
何事よりも、それが良く評価された時は最高ですね。

そのような経験は本業では中々味わえません。
例え副業であっても、クライアントなどから良い評価を受けた時はモチベーションが上がりますよ。
例を挙げるだけでも副業のメリットか多いですね。
しかし、気を付けなければならないことがあります。
やはり、本業があってこそ副業なのです。

副業を始めてから軌道に乗ってくると、我を忘れてしまうほど夢中になってしまうものです。
収入が増えれば生活もより充実してきますが、意外な落とし穴も。
それは副業に夢中になり過ぎてしまい本業が疎かになってしまうことです。
副業が発端て体調を崩してしまうことも。
そして時には、副業のために会社をサボってしまうのです。
やはり、副業は本業があってこそ成り立つものなのできちんと両立させることは必要ですね。

FX業者の外為ファイネストが特徴とするMT4による取引

あまり知られていないFX業者に「外為ファイネスト」があります。
外為ファイネストは香港に本社を置くハンテックグループという金融グループに属しており、20年以上日本でFX事業を運営しています。
当然、日本の金融庁の認可を受けており、金融庁の規定に則って事業を行っています。

外為ファイネストの特徴であるMT4

外為ファイネストの特徴は何といっても、取引ツールにMT4を利用していることです。国内のFX業者は自社のオリジナルの取引ツールで運営されることが多くなっていますが、外為ファイネストは外資系の企業グループだけに、プラットフォームにMT4が採用されています。

1.MT4

MT4(MetaTrader4)はロシアのMetaQuotes社が開発したFX用の取引ツールであり、世界で最もメジャーなツールになっています。多数のテクニカル指標を同時に表示させたり、世界中の開発者が作ったオリジナルのテクニカル指標や自動トレードシステムをインストールしたりできます。非常に高性能であり、カスタマイズ性が高く、高度なテクニカル分析を可能にします。

MT4ではバーチャート、ロウソク足、ラインチャートといった基本的な3種類のチャートに加え、移動平均線、RSI、ボリンジャーバンドなど40種類以上もあるテクニカル指標を同時に利用することができます。さらに、チャート画面から注文の発注やポジションの確認ができ、自動売買までできます。

なお、FX業者にはMT4の利用に際して、手数料を取るところが多くなっていますが、外為ファイネストは無料で利用できます。

2.カリネックスブリッジの導入

外為ファイネストは同時にカリネックスブリッジを導入しているため、スピーディな約定と透明性の高い取引が約束されています。カリネックスとは、機関投資家などのプロの投資家に対応したツールを提供しているFXシステム開発会社のことです。カリネックスブリッジによってユーザーの使用しているMT4と金融機関とをネットワークで連結させることで、質の高い取引を確保できます。なお、外為ファイネストではカリネックスの取引システムである「EVO」と「PRO」も提供されています。

多種な取扱通貨ペア

外為ファイネストは外資系だけに取扱通貨ペアが多くなっており、一般的な国内FX業者の平均取扱通貨ペア数が20~25ペアであるのに対し、30種類の通貨ペアを扱っています。日本円の絡まないユーロ/米ドルや豪ドル/米ドルなど、通貨ペアが多彩になっており、色々な通貨ペアを試してみたい人に適しています。

外為ファイネストのデメリット

外為ファイネストのデメリットとしては以下のことなどが挙げられます。

1.スリッページの設定が不可
スリッページの許容幅を設定することができません。従って、成行注文を出した時に、発注した時点の価格とは異なる価格(スリッページの発生)で約定してしまうことがあります。

2.少ない情報量

マーケット情報は経済指標カレンダーと為替レートしか提供されておらず、またセミナーの開催がありません。情報を確認しながら取引したい人には物足りなさを感じさせます。

スタートは小さく始められて動きも比較的わかりやさがあるため手を付けやすい

上場投資信託はETFと呼ばれる方がポピュラーですが、副業としてネットビジネスを少額から始めたい人にも向いている、おすすめの投資ビジネスです。
金融商品を一から十まで全て自分で管理をするわけではなく、運用をその道のプロとして活躍する人に託せることになりますから、投資未経験の人にはかなり向いています。

投資ビジネスの口コミを見ても投資自体がよくわからない、難しいといった声はありますし、だからこそ投資信託への評価は高いです。王道となる投資のキング、株式は証券取引所での売買ができますがETFもできます。投資をするお金は専門家の元へとまとめて任せてしまうので、あとはプロに運用を丸投げできる気楽な状態です。

自分にも向いていそうと思い立ったが吉日でさっそくとりかかろうと思った際に気が付くのは、ひと口にETFといってもふたを開けてみれば種類は豊富、多数の商品があるので選ぶ際にもかなり楽しくなります。原油に金といったものの指数に連動するものや、不動産のREITに投資をする種類、日経平均株価を動かすものなど商品種類は実に豊かです。

どうしても投資というと頭にポンと浮かんで売るのが投資というキーワード、何かあったら困るのは当然ですし、返金をしてもらえるかなどもやもやと浮かんできてしまいます。
でもETFを商品としてサービス提供をする証券会社のほとんどは信じられる企業、そもそも嘘や偽りのある会社が長く運営ができるはずがありません。信頼は人間関係の基盤となる部分、始める前にその証券会社は大丈夫かをネットの口コミでリサーチしたり、利益がすごいなどおかしな儲け話で驚くような展開にあった人はいないかといったことも確認をするべきです。

証券取引所を利用してこれまでの投資の王道となる、株式同様購入ができるのがETF、動きを見つつ購入する際にはできるだけ安価な時に、売却は高い時にします。
株式と似てるなと思うのも当然で流れ自体は同じですから、こうした仕組みで売却益を得ることのできる投資です。売却をするのはここが収益をゲットできる狙い目だと判断したとき、それは満期があらかじめ決められてはいないためであり、満期のある個人向け国債などとは異なる部分です。

初めてのネットビジネス投資で上場投資信託での資産運用をするのにはメリットも豊富、始めるときには小口からでも大丈夫ですし分散投資もできる、さらに値動きのわかりやすさもあります。

飲料系に特化したネットビジネスに視点を向けてみるのも一案

現在の仕事をつづけながら副収入を得られるのは、副業としてネットビジネスを選ぶ利点です。
生業がとても忙しい中でも、ネットビジネスでの副業なら、さほど自分の時間を使わずに収入を得ることもできます。あまり副業ばかりに時間をかけられない、それでいて一定評価のあるサービスを利用して副収入を得たいなら、自動的に収入が得られるネットビジネスを選ぶことです。

申し込みからオンラインで出来る、自販機設置も副業にはぴったりです。
完全オンライン上完結というわけではありませんが、問い合わせから申し込みなどネット上で出来ますし、担当者との簡単なやり取りはあるものの、設置が決まればあとは自販機の設置をするだけになります。
24時間常に稼働をする自販機は、不特定多数の人が自由気ままに利用できるため、副業としての口コミでも高評価が多く、本人が行う手間はありません。

おすすめなのは自販機は多くの人が使うので着実な利益が得られるということ、利用をするにしてもメーカーとの契約ですから詐欺にあう心配もありません。
ネットから申し込んだら後はフルサービスなので、本人にのしかかる負担は無し、初期投資金額もないです。
ドリンク類の補充や、定期的なメンテナンスまで、すべて管理はメーカーが行います。販売手数料が確実に利益として発生しますので、サービスを利用するにあたり問題が起こることはまずなく、返金トラブルなどに遭うこともまずありません。

ドリンク系での完全なネットビジネスに興味があるなら、副業としてウォーターサーバー新規設置をネットで紹介するというやり方もおすすめです。水道水を飲むのが当たり前の昔とは異なり、現代は水もお金を出して買う時代、健康のことや美容などを考えてみても、安心して飲める水はお金を払う価値があります。

ペットボトルの水を買うと容器の問題が出てきますし、コスト的にも割高感を覚えるかもしれません。
しかしウォーターサーバー新規設置であれば、容器の処分やエコなどの問題はなく、在庫が無くなればまた重いペットボトルを購入するといった手間もかからないです。手間暇のかからないことやコスト面でも、人々の関心を集めるウォーターサーバーですから、新規設置を促し契約をしてもらうネットビジネスは時代の流れにも合っています。

直接対面で設置を促すのではなく、ネットビジネスで取り組むなら、ミネラルウォーター新規設置のアフィリエイトがおすすめです。口コミでも人気のアフィリエイトの種類であり、信頼のおけるメーカーの商品である上に、アフィリエイトは紹介という形ですから、利用者からのクレーム処理などで悩むことにもなりません。

株取引をしたいのならば、割安な銘柄を探すために努力するべき

ネット取引ができる株式投資は、自宅で手っ取り早く資産を増やすことが可能なので気軽に始めやすい財テクの1つです。
何年もかけて貯めた大切な資産の一部を使って株取引をするのだから、大きな損をしないような正しいやり方でトレードをすることが肝心です。
株取引の初心者はまずチャートの形を正確に分析する方法を知ることから始めると損をしにくいです。

株取引の素人が直感に頼って取引するよりも過去のデータをしっかり分析してから投資した方が結果が出やすいのは当然です。
株取引で儲けるためには面倒でもテクニカル分析のコツを調べる努力をするべきです。テクニカル分析をしたから絶対にたくさん稼げるわけではないのですが、利益が出る確率を上げるためには毎日のチャートの分析をすることが欠かせないです。

自分で決めたルールに沿ってトレードをすれば自信を持ってポジションを持つことができます。
慎重に株取引をすることは基本ですが、不安を感じすぎると迷ってしまって失敗しやすいのでチャンスを逃さないためには思い切った投資をすることも重要です。
はっきりとした理由のあるトレードを続けることが大きく儲けるための秘訣です。
曖昧なやり方で分析をして銘柄を選ぶよりも、株価が上がる可能性が高いと思えるチャートの形の銘柄に投資することをおすすめします。

テクニカル分析の種類は1つではないのでいろいろな方法を試してわかりやすい分析方法を探すといいです。
移動平均線を利用して株取引をしている人は多いので、初心者はまず移動平均線を使って投資チャンスを判断するやり方を身につけることが大事です。
やはり多くのトレーダーが使っている分析方法は影響力が大きいので、移動平均線を分析するやり方を覚えておいて損はないです。

初心者が難しい分析方法で投資をすることは大変なので、なるべく単純なテクニックを使って投資をすることが重要です。
移動平均線の基本的な分析方法を理解できたのならばボリンジャーバンドを覚えるといいです。投資判断をするためにボリンジャーバンドを使う投資家は世界中にいるのでおすすめです。
トレンドに沿った投資をしたり逆張りをするためにボリンジャーバンドは役立ちます。また、日足を使って分析することはだましが少ないことを知っておくといいでしょう。

枚柄によって動き方に違いがあるので、銘柄ごとのチャートの特徴を調べることは株で儲けるための大事な作業です。業績の伸びが良くなる銘柄を株価が低いときに選ぶことができればかなり稼げるので割安な銘柄を探すために努力するべきです。

ブログはオワコン?オワコンと言われる理由と、オワコンではない理由

「ブログはもうオワコンだからやめたほうがいい」とか
「今はもう”動画の時代”だから、ブログは伸びない」といった意見がネットではありますね。
本当にそうなのでしょうか?
今回は、ブログがオワコンと言われる理由と、実際にはオワコンではない理由について解説します。

まず、ブログがオワコンと言われる理由についてです。
いくつか挙げられると思います。

1つ目は、「SEOで個人が上がりにくくなった」という事です。
SEOは、日々アップデートが続いており、一年に何回か大規模なアップデートが行われます。
そのアップデートの度に、「個人」よりも「企業」の方がSEOで上位を取りやすくなっているのです。

そのため、今から始めても、個人ではもう勝ち目がないと思われがちなのです。

2つ目の理由は、「動画の方が主流になったから」という意見ですね。
最近は、ユーチューブを始め、動画を使ったネットビジネスがかなり盛んに行われています。
その結果、動画よりも分かりにくい文字情報であるブログは、あまり使われなくなった。という意見です。

他にもいくつか理由があると思いますが、今回はこの二つを紹介しました。

ですが、本当にブログはオワコンなのでしょうか?
「ブログで伸ばすのは厳しくなった」という意見であれば、確かにそれはその通りです。
ですが、「ブログで稼ぐのは不可能になった」というのは、間違いです。
ブログは、まだオワコンとは言えません。
その理由について解説します。

1つ目の理由は、個人ブログでも「企業の次」は目指せるからです。
確かに、キーワードで検索したときに、企業系の記事が多く表示されるようになりました。
特に人気のあるキーワードは、SEOトップのほとんどは企業が独占しています。
ですが、「権威のある企業の次の順位」は、まだ個人ブログでも入れる余地があるのです。

また、企業が狙っていないようなキーワードを使っても、個人ブログは上位を目指すことが出来ます。

2つ目の理由は、「終わった」のではなく、「適正になってきた」という理由です。
ブログの時代は厳しくなった。確かに、そのように見えますよね。
ですが、より正確に言うと、「終わった」というよりも、「適正になった」という方が正しいと思います。

信頼性で言えば、企業の方が他のブログよりも上回るのは当然の話です。
ですが、個人ブログに価値がないとは限りませんよね。
例えば、ガジェット系のワードをユーザーが検索したとして、「公式の意見は分かったけれど、実際に生のユーザーの声も聞いてみたい」という需要はあるわけです。

つまり、これまで個人の方が勝てていたのがおかしかっただけで、ユーザーが求める優先順位に適した形に「適正化されてきた」という方が正しいのです。

今回は、ブログはオワコンなのかどうかについて解説しました。
この記事が参考になれば幸いです。