初めてネットビジネス・副業をするために知るべきこと

収入の一部になるため確定申告が必要

最近ではネットビジネス・副業が流行っていますが、収入の一部になるため年間の報酬に応じて確定申告をする必要があります。収入は経費があれば控除できるため、情報商材やサーバーなどを購入すれば領収証を保管して申告をすれば節税ができて便利です。本業と並行してするときは勤務先で内緒でしたいものですが、年間で20万円以上収入があれば申告をしないとバレることになります。

税金は普通徴収と特別徴収があり、ネットビジネス・副業の収入の取り扱い方が異なりそれぞれの違いを把握することが重要です。スマホでするときは通勤や通学の合間にもできますが、収入があればきちんと申告をしないといけません。条件はフリーランスで働いていない場合は年間で38万円以上、働いていれば20万円以上になり、経費があれば収入から差し引いた金額で判断することになります。

安心してできる方法を探そう

ネットビジネス・副業を探すときはインターネットがつながればでき、パソコンだけでなくスマホでも可能です。ただし、スマホでは不特定多数のアクセスがありlineやTwitterなどで紹介や勧誘などを行われやすく、実際に会員登録をすると高額の費用を請求されたり個人情報を抜き取られたりするリスクもあります。

このため、「誰でも」「簡単に」「1日1万円以上」「絶対に稼げる」などのうたい文句には注意が必要で、怪しいと思えば運営者情報や発信元を確かめるようにすることが大事です。運営者情報は住所の表記が枝番まであるか確かめ、連絡先はメールアドレスや固定電話番号がなければ別の方法を探すようにするとリスクを回避できます。

時間配分をうまく決めよう

最近では、インターネットを使って稼ぐ人も増えていますが、本業と兼業する場合は時間配分をうまく決める必要があります。ネットビジネス・副業はスキマ時間で稼げますが、掛け持ちをしないと安定して供給されなくなり厳しいです。

初心者向けの副業はアルバイトより報酬が低く、小遣いの足しにしかならないと思う人もいます。しかし、口コミや評判を確かめ興味や関心を持てばするようにするとやりがいを感じ、スキルアップをすれば選べる幅を広げやすくて稼ぎやすいです。

このため、情報商材やセミナーで知識をつければ選べる仕事の幅を広げやすく、選択肢も増やせ報酬も上がります。ネットビジネス・副業は今後も需要が拡大しスキマ時間を使って稼げるため、限られた時間を無駄にしないようにすると効果的です。