ブログはオワコン?オワコンと言われる理由と、オワコンではない理由

「ブログはもうオワコンだからやめたほうがいい」とか
「今はもう”動画の時代”だから、ブログは伸びない」といった意見がネットではありますね。
本当にそうなのでしょうか?
今回は、ブログがオワコンと言われる理由と、実際にはオワコンではない理由について解説します。

まず、ブログがオワコンと言われる理由についてです。
いくつか挙げられると思います。

1つ目は、「SEOで個人が上がりにくくなった」という事です。
SEOは、日々アップデートが続いており、一年に何回か大規模なアップデートが行われます。
そのアップデートの度に、「個人」よりも「企業」の方がSEOで上位を取りやすくなっているのです。

そのため、今から始めても、個人ではもう勝ち目がないと思われがちなのです。

2つ目の理由は、「動画の方が主流になったから」という意見ですね。
最近は、ユーチューブを始め、動画を使ったネットビジネスがかなり盛んに行われています。
その結果、動画よりも分かりにくい文字情報であるブログは、あまり使われなくなった。という意見です。

他にもいくつか理由があると思いますが、今回はこの二つを紹介しました。

ですが、本当にブログはオワコンなのでしょうか?
「ブログで伸ばすのは厳しくなった」という意見であれば、確かにそれはその通りです。
ですが、「ブログで稼ぐのは不可能になった」というのは、間違いです。
ブログは、まだオワコンとは言えません。
その理由について解説します。

1つ目の理由は、個人ブログでも「企業の次」は目指せるからです。
確かに、キーワードで検索したときに、企業系の記事が多く表示されるようになりました。
特に人気のあるキーワードは、SEOトップのほとんどは企業が独占しています。
ですが、「権威のある企業の次の順位」は、まだ個人ブログでも入れる余地があるのです。

また、企業が狙っていないようなキーワードを使っても、個人ブログは上位を目指すことが出来ます。

2つ目の理由は、「終わった」のではなく、「適正になってきた」という理由です。
ブログの時代は厳しくなった。確かに、そのように見えますよね。
ですが、より正確に言うと、「終わった」というよりも、「適正になった」という方が正しいと思います。

信頼性で言えば、企業の方が他のブログよりも上回るのは当然の話です。
ですが、個人ブログに価値がないとは限りませんよね。
例えば、ガジェット系のワードをユーザーが検索したとして、「公式の意見は分かったけれど、実際に生のユーザーの声も聞いてみたい」という需要はあるわけです。

つまり、これまで個人の方が勝てていたのがおかしかっただけで、ユーザーが求める優先順位に適した形に「適正化されてきた」という方が正しいのです。

今回は、ブログはオワコンなのかどうかについて解説しました。
この記事が参考になれば幸いです。